スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ① ◆

『小さな診療所の大きな挑戦』 始まる

横浜市「T診療所」大胆な試み!

AWG(段階的波動発生装置) + 
MS(ミラクル・サプリメント)の併用により、
「あらゆる難病の克服」は可能か?
(三日ごと更新)

一人の医師の、勇気ある決断が、
小さな診療所を大きな舞台へと押し上げようとしている。
医療界の話題と注目を集めることになるか。

横浜市。
私鉄A駅から、歩いて7分の至近距離に、その診療所はある。

看護師・事務、調剤スタッフを含め、医師を軸に四人体制で、
一日平均80人の外来(調剤投薬も含む)をこなす。
坂の中腹に建つ、駐車場もない、小さな小さな診療所だ。

所長はドクトルI。
医師免許取得から開業35年、専門は消化器内科。
しかし、地域密着の診療所では「何でもあり」オールラウンドの診療が求められる。
どんな疾病にも効き目のある、
キラリと光る初動段階での処置・治療方法はないものか?

研究熱心のドクトルIは、一年前、
俊成正樹著『AWGは魔術か、医術か?』(五月書房刊)を読んだ。


(このシリーズ3日ごと更新)
スポンサーサイト

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ② ◆

小さな診療所の大きな挑戦②

まずAWGの導入を

『AWGは魔術か、医術か?』を読んだ、T診療所長ドクトルI.は、
マイナスイオン(素粒子波)を体外から照射するAWGの原理を注意深く調べ、
「これはいけそうだ」と、診療現場に1台導入した。

では診察代金をどうするか?

利益は期待しない、スタッフで話し合う

「自由診療にすると、AWGの費用は即、患者さんの負担になる。
 そのことを診療所のスタッフ全員で話し合い、
 なじみの患者さんから高いお金は頂けない。時間を頂こう。
 一回数百円レベルの利用料金で行こうと、結論が出ました」
(ドクトルIの話)

この一年間で28人の受診者が、AWGを利用した。その結果は----。


評判は上々、思わぬ効き目

■ 受診している品子さん(67歳)の話
「風邪が原因で耳が遠くなり、耳鼻咽喉科専門のクリニックで調べてもらったところ、
 『どこも異常がない』と言われ、風邪薬しかくれない。
 T診療所でI先生からAWGがあるよと‥…
 俊成正樹さんの本『AWGは魔術か、医術か?』(五月書房刊)を紹介され、一読、
 『ダメ元。治るなんて思わず、気楽に波動を掛けてみよう』と。
 全部で五回照射しました。

 すると、目が良くなったんですよ。
 耳より視力がアップしましてねえ‥…
 それと鼻の周りが、スッキリして、以前とは呼吸がずっと楽になりました。
 この器械、評判いいですよ」


■ 30年以上、診療所と縁があるという紀子さん(81歳)の話
「風邪をひきましてね、突然嗅覚が無くなったんですよ。
 食事なんか、味が半減して‥…
 これはいかんと、診療所に駆け込み、I先生からAWG照射の説明を受け、
 『効きそうだな』と。一回30分ほど、18回ばかり照射したでしょうか…
 突然、匂いが戻ったんです。ええ、完全に。嬉しかったです」



(続きは3日後に)

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ③ ◆

小さな診療所の大きな挑戦③

ドクトルの胸に
 溜まりに溜まった違和感


AWGの導入に踏み切った動機を、ドクトルI.はこう語る。
「診療所を開業していて、医師の不満は、疾病の治療手順が次第にマニュアル化して、
 医療内容が、能率的な、一種の流れ作業のようになっていることです」

「丸投げはしたくない‥…」
「がんの患者さんが来られる。主訴症状から見て、
 小さな診療所の検査・診断では不十分だと判断し、大病院に紹介する。
 『丸投げ』です」

「大病院では、診療所の手を離れ丸投げされた患者さんを受け入れ、
 綿密に検査し、手術か、化学療法か、放射線治療かを決める……
 残念なことではありますが、何ヶ月かのち、その患者さん死亡の情報が、まま届くわけです」

「小さな診療所の活動スタイルとして、『丸投げ』する前に、何か手を打てなかったか?
 その自責というか、違和感が溜まりに溜まってくる

小さな診療所なりに、治療のベストを!
「状況を打開するために、いろんな学習会に出席しました。
 ゲルソン療法の学習会にも。
 厳しい食事療法の指導改善に、力点の一つが置かれており、
 小さな診療所では十分な対応が出来ないと。
 多岐にわたる代替医療の中で、試行錯誤でたどり着いたのが、種々の天然サプリメントでした。
 患者さんの同意の上でサプリとして飲んでもらう『処方』でした」

 ■けっこう高くつく……
「薬効はたしかにあるのですが、長期にわたる飲用で、
 患者さんの負担はけっこう高いものにつく。
 これでは、限られた人にとっての特効薬みたいになる」

AWG導入後、ドクトルIは一つの物質と出合った。
MSという名のサプリメントと。



(続きは三日後に)

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ⑬ ◆

小さな診療所の大きな挑戦⑬


4桁をしめすCA19-9

横浜市。
坂の中腹に建つスタッフ三人半の小さなT診療所。

大病院での胆管バイパス手術が成功し、退院してドクトルIを訪ねて来た
膵臓がん「ステージ4」の患者衛士(84歳)。


■ 医師はそれを「腫瘍マーカー物質」と呼ぶ……

この四ヶ月間の、ビフォア・アフターの精密検査。
ほとんどの検査数値 が平常値に向かって低下している中で、
「CA19-9」という項目の数値のみが 294から、1843へ跳ね上がっていた。

三桁から四桁への増加である。
がん細胞が増殖する時、患部組織が作り出す、
特殊なタンパク質やホルモン分泌の異常、酵素の増大をしめすのが、
「CA19-9」であった。

医師はこれを「腫瘍マーカー物質の増大」と判断する。


■ 膵臓がんの有無・進行をしめす

腫瘍マーカーの中でも「CA19-9」には、
膵臓がんの有無や進行が、検査値の高さとなって現れてくる。

衛士の数値は、基準値の二倍を超えていた。


■ もしや、好転反応か?

毎日の気分もよく、食欲もそこそこ。黄疸などの症状も出ていない。
ただ「CA19-9」だけが上昇し続けているのだ。
上昇の原因が、膵頭部に増殖しているがん組織にあることは、
患者本人も、医師も分かっている。

「お腹が、チクチクするんです」
通院してきた衛士が、ドクトルIに訴えた。

さては、MSサプリメントの殺菌力が、効いて来たのか?
だとすれば、好転反応だが‥…。



(続きは3日後に)



◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ④ ◆

小さな診療所の大きな挑戦④
 

医師は決断した。次はMSの導入だ!


今年9月。
横浜市。
T診療所長、ドクトルIは、引き続き重大な決断を下した。
「次はMSの導入だ!」

MSとは、ミラクル・サプリメントの頭文字、その組み合わせである。

ドクトルIは、アメリカの発明家の書いた本と出合った。
『ミラクル・サプリメント』の表題本。
その内容を凝縮すれば、次の4項目に要約される。

①亜塩素酸ナトリウムを、独自の方法で、
②クエン酸(または食酸)に反応させると、
③純度の高い二酸化塩素を得る、
④この二酸化塩素は、米国化学学会分析部が
 「これまで人類が出合った物質のうち、
  もっとも強力な殺菌力を持つ」
 と発表した薬品である。



■この本を書いたアメリカ人発明家は、
 過去15年にわたって、アフリカ諸国を訪れ、
 10万人以上のマラリア患者、AIDS患者に、
 自分が発明したMSサプリメントを飲ませ、快癒に導いた。
 多くの子どもたちを、死地から救っていたのだ。


二酸化塩素が、一躍世界中に知られるようになったのは、
9.11同時多発テロの直後、米国内で発生した「炭素菌テロ」によって。

このとき、炭素菌の芽胞入り封筒を送りつけられたビル内外の消毒に、
二酸化塩素ガスが使われ、強烈な殺菌力を、内外に見せつけた。

ドクトルIが、インターネットで検索すると、発明家の「発明内容」が分かった。
亜塩素酸ナトリウムも、クエン酸も、日本国内で入手出来る!



(続きは3日後に)

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1829位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
347位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。