スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 世界最高記録 ― 誠の奇蹟 ⑤ ◆

「世界最高記録 ―― 誠の奇蹟」 続きです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


2月23日(土)正午。

神奈川県小田原市に向かう道路渋滞に巻き込まれていました。
聞けば「小田原梅まつり」の影響とか。
梅を愛でようとする風流ドライバーの車列は、
まるで1本の棒のようにつながり、5メートル進んでは一拍休み。

取材先に遅刻の連絡をと思った矢先に、携帯電話が鳴りました。
運転中は「応答ナシ」が基本ですが、相手は大新聞の遊軍M記者。
三度四度の熱心なアプローチに根負けしました。


「ちょっと確認しておきたいのですが……
 厚労省の中に『医療国際展開戦略室』をつくるってこと、
 俊成さんの耳にも入っていますか?」

 「あれだろ。
  内閣官房に生まれた健康・医療戦略会議とのからみだろ。」

「やはり入っていますか。
 外国からの医師・看護師・保健師を受け入れ、
 日本国内で医薬品や医療器具の扱い方、
 医療サービスのありようを学んでもらおうって戦略でしょう。」

打てば響くとはこのこと。
M記者は核心を突いてきます。

 「そうだよ。
  TPP(環太平洋関税パートナーシップ)をにらんだ、厚労省サイドの作戦だな。
  新年度から作戦予算が付きそうだからね。」

「30億人になるんだそうですね。」

若いM記者の話は、ポンと飛びました。

 「何が30億人?」

「向こう半世紀、地球上に増える65歳以上の高齢者ですよ。」

 「そんなに年寄りが増えるの?」

「増えます。世界大戦でもない限り30億人。」

日本の後を追うように、高齢化社会が全世界に広がる、とM記者は断定的に言い、

「人類の高齢化は、いずれG20の議題になるでしょうね。
 WHO(世界保健機構)もアクションを起こすとか」

車列が動きはじめ、ここで通話は終わりました。


向こう50年間で30億人か。
ますます膨張する医療費。

ハンドルを握る両手から、ふいふいと想念が湧き出ます。

―――日本は世界各国から見て、「もっとも進んだ高齢者医療システム」のお手本。
『厚労省=医療国際展開戦略室』は、日本の医療器具とサービスの輸出を狙っている。

WHOがキャンペーンを張るここ数年のテーマ情報が、
国連筋から、厚労省サイドに入っている。

これから「50年で増える年寄りは30億人。
爆発的に高齢者医療のニーズが高まる。

くるくると想念が転回し

「大変だ……
 『AWG』は、ますます時代の寵児になるぞ。」

思わず声が出ます。


ようやく小田原市内のパーキングに入ると、待っていたかのように着信音。
清水市の「がんマーカー検査値」の世界記録保持者・誠さんの家族(夫人)からです。

「あの……
 ここに来て、オシッコが急に近くなって、夜中に6回ぐらいあるんです。」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

◆ 号外! 6/5 ◆

またまた連載の途中ですが……



「奇跡の村」周辺住民さま

上記住民さまから、ブログへのコメントを頂きました。
拙文とのお付き合い、ありがとうございます。

拙著改訂版の「改訂版にあたって」文中、

「出会った読者で『AWG』を使用した百十一人中、
 十人の方から病状好転の連絡が入っている。
 難病十人に一人の好転率である。
 残る四十一人が『現状維持』つまり延命のまま闘病が続いていると見られる。
 残る四十九人は『AWG効果』が現れていない」

と書いたところ、

「これを読んだ私の感想は、
 『たった10%の、しかも好転しただけ?』でした」

と、率直な感想が寄せられ、
10%につき俊成の「個人的な考え」をのべよ、と質しています。


うーん、「百十一人中、十人」を
「たった10%の、
 しかも好転しただけ?」と見ますか。

それとも
「えっ、
 難病の十人に一人がAWGで好転しているの?」と見るのか。

この問題はジャングルにも似て、分け入ると奥が深い。
筆者の正直な「考え」は、「改訂版にあたって」に書いた通り、
どう見るか「医学の素人にはさっぱり判断がつかない」です。


判断がつかない原因は、病状「好転」の内容が、
闘病者本人が向き合っている疾病症状や、家族によって様々であることです。


「治癒」「完治」ではなく「好転」と書いたのには、
病気の種類がさまざまであること。

「好転」10人のそれぞれの疾病名は、
・悪性新生物(各種がん)の複合発生5人、
・長期にわたる歯周病・歯槽膿漏1人、
・耳鳴りをともなう難聴1人、
・進行性アルツハイマー1人、
・帯状疱疹ヘルペス1人、
・脳梗塞1人 です。


たとえば、8年来の難聴に苦しむ主婦の方。

左耳のしつこい耳鳴りと右耳の完全聾で、声量、音程の調節もままならず、
楽しみだったママさんコーラスから離脱。

後ろから接近してくる車や自転車のタイヤ音が聞き取れず
あわやという目に遭い、外出に恐怖を覚える日々が続いていました。


耳鼻科をあちこち受診し、「心因性の難聴」との診立て、
知人からは「心因性難聴が治ればノーベル医学賞ものだよ」と言われて大ショック。

毎日の偏頭痛に悩み、笑みが消えました。
長女の作文には、「わが家にはコミュニケーションがありません。」

家族から1人孤立したような気分でした。


毎日3時間。
素粒子波動の伝導率を良くするため、
塩水に浸して絞った脱脂綿を両耳に挿入し、
その上からパッドをあてがい、スカーフで縛り、
AWGの照射
を始めて3ヶ月余。

真夜中に電話があり、

「俊成さん、
 今どちらの耳に携帯当てているか、わかります?

 全く聞こえなかった右耳です!」 と、声が弾んでいました。

「微かですが、真夜中の静けさだと聞こえるんです。
 左の耳鳴りも小さくなりました。
 お願い、何でもいいから、ささやいてみて下さい。」 と。

この日、よく晴れた昼下がりに洗濯物を取り入れていたところ、
突然ポカンと抜けたような感覚が走り、ご本人みずからが
「牢獄からの奇跡の脱出」が始まった と。

完治例ではありませんが、「好転」例の1つです。


脳梗塞の元フリー・カメラマン。
売れっ子で多忙の日々に倒れ、
脳内出血がひどく、右半身マヒのまま寝たきりに。

夫人の献身看護に支えられて13年経過。
右足首が外側にグイと反りかえったままの片マヒで、
かかとが床につかない状態でした。

AWG照射が4ヶ月目に入り、
「反っていた足首が元に戻り、かかとが着くようになりました。」

杖をつきながら、時間をかけて、自力でトイレまで歩けるようになった、
と夫人から報告がありました。

「13年ぶりの自力排便で、本人にはどんなに嬉しかったか……。」

赤飯を炊いて祝いました、夢のようです、
と報告の声が潤んでいました。


片マヒが治ったわけではありません。
しかし緩慢ではあるが、歩行が可能となった。

室内にコツコツと響く杖の音が、明日への希望であり
小さな1つの「奇跡」となったのです。

「地元の横浜・伊勢佐木町商店街を、もう一度夫婦で歩いてみたい。」
元カメラマンの闘病はいまも続いています。


「好転」10例には、いずれも「%」ではくくれないドラマがあります。

ブログで紹介した健三さんの肝がん・肺がんからの脱出もそうです。
余命3ヶ月を宣告された身体で、太平洋に夜釣りに出かけるまで回復した健三さん。

酒・たばこの誘惑を断ち切れず、胃の動脈瘤破裂にいたるまでの2年間、
ガンの部位は縮小し、肝臓の検査値は正常に近かったのです。


こうも言えないでしょうか。
「好転した事例、
 悪化せず症状の進行を食い止めたままの現状維持事例を合わせ、
 難病2人に1人の割合で、延命を勝ち取っている」と。


効果不明者(取材者への報告なし)が「残った十一人」であったことは、
周辺住民さまの指摘通り。
著者の人数欠落の不注意でした。


異論反論・歓迎!
周辺住民さま、一度お会いし、会話したいものです。




◆ 世界最高記録 ― 誠の奇蹟 ⑥ ◆

「世界最高記録 ―― 誠の奇蹟」 続きです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


清水市で不動産業を営む誠さん(72歳)。
がんマーカー検査値122万8千。

先進医療のS病院で「余命1ヶ月」を告げられ、
極度の食欲不振、全身やせ細り骨と皮の状態で、
気功と「AWG」照射に出会い、間もなく半年になります。


CT検査の結果を見て、医師はこう言ったそうです。
「肝臓が腫れ、胃袋にくっついています。」
これが「余命1ヶ月」の根拠でした。

ところが……。
昨年末から少しずつ体力が回復し、食欲が戻った。

1日に鳥ごはんとシーチキンのおにぎり、プリン、烏骨鶏の卵
を食べるまでになったことは、前回までに書いた通りです。

その本人が、いま真夜中に頻尿状態にある。

「AWG」の照射コードはあっているのか?
夫人からの問い合わせでした。

「食欲は落ちていませんか?」

 「落ちていません。
  自分でトイレに行きたがります。
  あの……頻尿のコード番号って、あるんでしょうか?」


「オシッコの回数が多いってことは、
 代謝が活発になっていることのあらわれなので、
 悪いことではないと思いますよ。
 汗やオシッコは、毒素や老廃物の排出ですから、
 素人判断から見て、
 患部の細胞がどんどん体外に出ている証拠と考えられます。
 でも、オシッコで6回も起きるのでは、睡眠不足になりますね。」

取材先で見聞した1つの現象を、夫人に告げました。
「この前も言いましたが、『疲労回復コード』というのがあります。」


「AWG」原理による医療器具には、
取扱説明書に「コード番号表」が編集されており、
購入者・リース者自身が、患部にパットを当て、
照射コードを自在に入力できます。

「AWG」器具にはパットが装備されています。
肩胛骨の真下にパットを貼る。
次に腎臓の真後ろに貼る。
 左肩胛骨下 → 右腎臓の後ろ。
 右肩甲骨下 → 左腎臓の後ろ。

この通電ラインが、背中でX型に交わるように4枚のパットを貼り、
「疲労(全般・慢性・虚脱感)」コードを選択すると、
約50分足らずで、深い眠りに落ちる ――
「震えるカジさん」が試みた、素粒子波動照射の方法です。

カジさんのほかにも、犬からの寄生虫感染に苦しんでいた娘さんの
「うつ」症状に変化が現れたなどの、好転事例があります。


私の取材体験を聞き、誠さん夫人は「やってみます。」といい、

「この頃、痛みも和らぎ、食べたいものを食べられ、気分も良いようです。
 主人は家族のために、働きづめに働いてきた人なので、1日でも長く……。」

電話の向こうで、不意に声が震え、しばらくの沈黙がありました。

「……生きてほしいのです。」



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



◆ 号外 混合診療解禁と「AWG」 ① ◆

号 外 ① !

混合診療解禁と「AWG」


サッカーワールドカップの開催日まで、あと一年。

安倍内閣は、サッカーならぬ健康・医療分野を、
海外進出の「柱」に飛躍させる「成長戦略」をまとめました。


いま、日本の医学はIPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル賞を受賞、
高度医療ジャパン、長寿ジャパン、国民皆保険ジャパンに世界が注目しています。

「よし、いまだ!
 海外進出の好機来る!」 と見ての野心的な「成長戦略」です。


2年前、2011年の実績で、
日本製の医療機器、クスリなどの貿易帳尻は、約3兆円の輸入過多。

これを逆転させ、日本製の薬品や医療・検査器具などの
輸出を、グーンと伸ばし、産業の「柱」にしようというのです。


そのために、何から手をつけるのか?

① 日本版NIH(独立行政法人・国立衛生研究所)を立ち上げ、
  これを医療革新の戦略司令塔として、医療(行政)を改革する。

② 市販薬のインターネット上の販売を解禁する。

③ 「混合診療」(健康保険診療と保険外診療の併用)を認める。

④ 医療・医薬品の薬事審査の人員を増やし、審査をスピードアップさせる。

⑤ 予防医学に力を入れる。

「計画」はさし当たって、この5点を提起しています。


上記5点のうち、もっとも注目されるのは、混合診療の公認です。

一口で言えば、
健康保険適用の治療・投薬と、適用外の治療・投薬を、
同じ病院・クリニック内で認めようということです。

ひらたく書けば、
これまでの健康保険システムを適用した精密検査結果と、
健康保険適用外の「療法」を結合させようというのです。


すでに民主党内閣時代、
厚労省内に「代替医療研究会」が発足していました。

名称の「代替医療」とは、免疫療法を軸とした東洋医学・民間療法を含む、
自費診療の「流れ」を指します。


がんに見る現在の健康保険適用システムは ―――― 。

精密検査+外科手術+放射線治療+抗がん剤の4点セット
以外の治療方法には保険を適用しないシステムです。

手術と放射線と抗がん剤の効果を上げるために、
精密検査のあまたチェック項目がしつらえられている感があります。

検査機器メーカーと製薬会社。
その利益を保証するために健康保険システムがある。

そのような現象があります。


しかし、手術も放射線も抗がん剤も、
ともに患者の健康細胞を破壊し、
確実に体力を減退させます。

4点セットの結果、どれほどの好転率が得られるか。
そのデータは公表されていませんが、
数%ではないかと、俊爺は推測しています。

確とした根拠はありません。
取材先で見聞した印象です。

ただし印象は「科学」ではありません。
数%が間違っていれば、読者に詫びた上で訂正します。

拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』に書いたように、
患者を死に至らせる「うるおいの流れ作業」「4点セット作業」が、
医療現場に幅を利かせ、健康保険システムがそれを支えてる、
と爺は見ています。


健康細胞を破壊せずに、がんをやっつけようではないか。

その問題意識が医学者・医師・研究者の間に芽生え、
「代替医療」という言葉が、30年ばかり前から、医療現場に登場しました。
4点セットに代わる、新しい施療、代替施療という意味です。

4点セットと「代替医療」を、並行しておこなう。
それが、混合診療。

今回、混合診療を解禁する目的は?


IPS細胞を使った再生医療、
離島や僻地、あるいは海外の人々への
遠隔診療などの先進技術開発を、さらに加速するためですが、
隠されたもう1つのねらいは、新しい抗がん剤の開発です。


新薬開発のネックは、厚労省のおこなう厳格な薬事審査。
膨大な臨床データを集め、じっと審査の順番待ち。

そのあいだに、欧米の開発する新薬に抜かれてしまう。

そこで、これまでタブーだった混合診療を、
思い切って全面解禁することにより、
臨床データを収集しやすくし、
審査期間を短縮しようというのです。


続きは号外②に ――― 。



プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
288位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。