スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 茨城県診療センターにて ② ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



人工呼吸器を、見たことがありますか?

のどに穴を開け、チューブを気管奥に差し込む。
外からコンピュータ制御で酸素を入れる。
痰がつまると、モニターで察知したナースが来て、
痰を吸い取ってくれる。

意識不明、自力呼吸がおぼつかない患者に施される緊急措置です。

気管に管が入っているため、声が出ません。

昏睡状態のまま、ベッドにはり付けとなって。
一ヶ月あまりで意識は戻りましたが、意思表示が出来ません。

右半身はマヒし、腕も足も蒼白。
左目は開いたまま、瞳孔はどんよりと力なし。

真夜中の睡眠中、呼吸器を外そうとするため、
両手は拘束バンドで固定されています。

その姿に、妻 笙子さんは胸がつまりました。

しかしどうしようもありません。
ただただ体力回復を待つ以外なし。

病院は「打つべき手はすべて打った。」と説明しました。

しかし、
梗塞を起こし、壊れた組織や神経は、
元には戻らない
と。

では、退院後の社会復帰はだめなのか?


寒い時期の入院です。
4月に入り、榮治さんが肺炎を起こし、熱発していた……
と病院から連絡が入りました。

笙子さんは、病院のソーシャルワーカーを通し、
医師に抗議しました。

なぜ、事後連絡なのか
と。
院内での感染症は、処置に不手際があったからではないかと。

どうやら、病院側の判断で、夜間に人工呼吸器を外してみた。
それが原因のようだと推測がつきました。

小さなトラブルでしたが、これが担当医師との
コミュニケーションのパイプが生まれるきっかけとなりました。


この間、笙子さんは知人の女性心理学者から、
俊爺著『AWGは魔術か、医術か?』を紹介され一読、
「この医療器具で(夫は)本復するのではないか」
と直感したといいます。

しかし、磁力線がコンピュータ・システムに作用するため、
呼吸器を装着している間は照射できません。

医師にAWGのことを言い、
「人工呼吸器が外れれば、照射してやりたいのです。」
と、訴えました。
おそるおそるの訴えでした。


ふつう、
医師は院内への治療器具や薬品の
持ち込みを嫌がります。


自分たちの医療技術、措置判断に誇りを持っているからです。
外部から持ち込まれた器具で、容態が悪化した場合を警戒します。

けんもほろろに断られるだろうと、笙子さんは覚悟しました。

しかし、センターの医師は偉かった。
患者の妻の訴えに、じっと耳を傾け、
「病院としては、なすべき措置はやっています。」
ときっぱり。

口調は断固としていましたが、
「お断りします」の言葉はなかった。


「それなら退院してもらいます。」の強圧的もの言いもなかった。
暗黙の了解、大英断です。

笙子さんは医師に感謝しました。


ナース詰め所の記録では、
榮治さんが初めて食べ物を口にしたのは、4月26日。
1日1個のゼリー。

ミキシングしたおかゆを口にしたのは、5月7日。
このころから少しずつ体力が回復しはじめました。


倒れて5ヶ月の月日が経過しました。
「昼間だけ、人工呼吸器を外します。」と連絡が入り、
照射開始は5月下旬と決まり、俊爺の出番となったのです。

初日から丸一週間の期限で、密着取材が始まりました。

初めて対面した榮治さんは、頬の肉がそげ、
動かぬ右足の筋肉がガックリ落ちていました。

身長171センチ、体重56キロ。
ふだんからスリムな体型が、さらにやせっぽちに。

顔面は蒼白。
声が出ないまま、さかんに唇を動かしますが、
何を言っているのか、聴取不能。
大きな目が力なく宙をさまよっています。


動く左手の仕草で「ボードを取ってくれ」。
枕元の小型黒板をかざすと、左手で文字を書こうとしますが、
字だか線だか不明のミミズがのたくるばかり。

10分かかってようやく分かったのは
「妻はどこにいますか」

これが俊爺への第一声でした。

「いま、病院の中のコインランドリーに、洗濯をしに行っていますよ。」
と俊爺。

再び不明のミミズがのたくり、とつおいつ、すがめつ、
分かったのは「いつ帰りますか」

「何かして欲しいことはありますか?」と大声で聞くと
「×○◇……」。

ミミズ登場。

15分後、やっと分かったのは「羊羹が食べたい」でした。

これが通じ合ったときの、俊爺のいや嬉しかったこと。
榮治さんも嬉しいらしく、照れくさそうな笑みが浮かんでいました。

大の甘党だったのです。

人間、わかり合うには時間がかかる……俊爺の実感です。


笙子さんは、2つのコード番号を選びました。
1つは身体のアルカリ性、酸性のバランスを調節するコードです。
もう1つは免疫向上のコードです。

身体の倦怠感を軽くしてくれます。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

◆ 茨城県診療センターにて ③ ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



照射開始の榮治さんの体温は36.8度。
微熱が出ていました。

ナース・ステーションのデータでは、
4月の肺炎治療以来、ずっと微熱だとのこと。

2つの照射コードを試したあと、
笙子さんは「ウィルス性疾患」のコードをかけました。

肺炎のタネがくすぶっていると判断したのです。
続いて、片マヒのコード番号です。


3種のコード照射で午後3時。
榮治さん待望の、おやつタイムです。

笙子さんの掬いとる水ようかんを、
待ちかねるように舌先で受ける榮治さん。

「甘いものはなるべく控えた方がいいのよ。
 おいしい?
 そう、おいしいわねぇ。」
と言いながら、少しずつ与える。
もっと欲しいとせがむ榮治さん。

あぁ、夫婦なんだなぁ……と俊爺。


「脳卒中」のコードをかけ終わった直後。
俊爺は視線を感じました。
榮治さんの視線を。

おや?と思いました。
開いたままどんよりと宙をさまよっていた左目に
力が宿っているのです。

「奥さん、目を見て……
 俺の気のせいかなぁ。」

 「あら!
  左目がきれいな色になってるわ……
  あなた、ハンサムなめになったわよ!」

笙子さんは顔を近づけ、目の奥を覗き込みます。

「それに、顔の色見て下さい、
 微かではあるが、上気してるんじゃないか?」

 「あら、本当……
  首筋も赤くなりはじめているわ。」

しげしげと喉からあごをさすり、
いいぞ、いいぞ、エイちゃん!とエール。

あぁ、夫婦なんだなぁ……と俊爺。

笙子さんの表情が、輝いていました。
半年間の顔面蒼白が、顔面紅潮へ。

1日目のAWG照射がもたらした、血流増大のドラマでした。


血圧94/55。
体温37度。

夕食前の検温記録です。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



◆ 号外! 9/20 ◆

連載途中ですが、コメントにお答えします。



N.Y.様

コメント拝読しました。

ご友人が、肺がんと間質性肺炎で闘病中とか、
さぞかしご心配のことと拝察いたします。

AWGの連続照射についてのお問い合わせに、
取材者としてお答えいたします。


まず、私の取材先で出合った事例として、
肺がんと間質性肺炎から脱出された方のケースがあります。

気を強く持って、AWG照射に希望を託されますよう。
まずそのことをお伝えします。


「AWGは毎日照射し続けたほうが
 効果があるのでしょうか?」
 について。

これはその通りです。
レンタルで手元に置いておき、
出来れば、午前、午後、夜間と照射されると良いと思います。

ただし、症状の如何、
住環境の如何、
家族関係の如何によって、
1日2回に減らしたり、
夜間のみの照射に切り替えるなど、さまざまです。


「2泊3日のように集中的に数回で
 効果があるのでしょうか?」
 について。

これも「その通り」とお答えします。
現に2泊3日の治療を受けられた結果が、
そのことをしめしています。

最低1週間に1度の照射はやったほうがいいと思われます。


「レンタルで、素人でも治療効果が得られるような
 使い方が出来るのでしょうか?」
 について。

基本的には、素人でも照射が可能です。
1時間の説明を受ければ、
自力操作が出来るようになるでしょう。


以上、取り急ぎのご返事まで。



◆ 号外! 9/26 ◆

またまた!連載途中ですが、
号外 「水博士」からの提言


松下和弘(東京・武蔵野市・生命に水研究所所長)氏から、
拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』への感想が寄せられました。

松下氏といえば「水博士」の別名を持つ、
水組織・質量分析の権威。

NMR(核磁気共鳴装置)を用い、
水の中に含まれている正体不明の物質(元素化合物)の正体を、
的確にあぶり出す腕前は、日本、
いや世界有数の達人として知られています。


「このたびは『AWG』の改訂版を頂戴しまして、
 誠にありがとうございました。
 心より厚くお礼申し上げます。
 ジャーナリストとしての
 あくなき「探求心と著作力」には感服しております。
 しっかりと勉強させて頂いているところです。」

「AWGもしくは『気功』を当てた細胞組織中の水は、
 状態が変化しますので、
 MRI画像を撮られては……と思いました。」

「私の実験で、本物の気功師は、
 10m以上離しても水の状態が変化(活性化)している筈です。
 医者は目で見えないと信用しませんが、
 前後のMRI画像で差が出れば、信用せざるを得ないと思います。

 私はMRIの母親である」NMR法を見てきましたから、
 そう考えて間違いないと思います。敬具」


都心のマンションの水道管。
その内側に塗られてある赤色さび止め塗料
正体を突き止めるため、
かつて松下博士の門をたたきました。

塗料成分によっては発がん性を持ちます。
はたして塗料の正体は?

質量分析を依頼して二週間後、
「出ましたよ……
 メチレンジアニリンという、
 猛毒の発がん性物質です。」

松下博士は分析グラフを示しました。


敷設当時は新しかった水道管。

それが築20年を過ぎると、
内側に塗られた塗料がはがれ始めます。

塗料の分子結合が劣化し、
ごく微量の分解、流出が始まるのです。

どこに流出するの?

蛇口から水道水に流れ込むのです。



いま、若い人の間に、大腸がん
じりじりと増えています。

その原因に水道水からのメチレンジアニリン摂取が、
関係しているのではないか?

さらに追跡を重ね、松下博士との共著で
『水道管の叫び』(中経出版刊)を世に問いました。
4年前のことです。


出版作業の中で、
すべての物質(細胞核、染色体、遺伝子も含め)は、
原子核とその周りを回る電子から成り立っていること、
原子核は回転によりプラス電気を、
電子もまた回転によりマイナス電気を帯びていること、
原子核と電子は+-の電極を持つ一組の磁石でもあること……
を松下博士から学びました。


0.1ミクロン(1万分の1ミリ)以下の微細世界の出来事が、
実は人体の健康に深く関係している。

「キーワードは『水』です。
 体内の水のありようが、狂ってくると人は病気になります。」

と松下博士は言い、
NMR(核磁気共鳴装置)は難病の診断に威力を発揮するが、
その子供に当たるMRI(磁気画像分析装置)の方を
医者は信用している、と説明してくれました。

このときの勉強が、いま役に立っています。








プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1818位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
378位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。