スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 茨城県診療センターにて ④ ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



週末、榮治さんの長男・りゅう君(小4)が、
おばあちゃんに連れられ、父親を見舞いに来ました。

「パパ……大丈夫?」

カーテンの隙間からそっと顔を覗かせたりゅう君。
上野から特急「スーパーひたち」に、
水戸駅からタクシーに乗り継いでの対面です。


喉からチューブを差し込まれ、
音声が途切れたまま横たわる父親の姿。

「痛いの?」

問い掛けよりも先に手が伸び、
病床の父親としっかりハイタッチ。

二人の目尻にしずくが光ります。

榮治さんが、もどかしげにつかんだボード。
パパが書いたフレーズは「ごめんな」でした。

続いて、「遊べなくてごめんな」とも。

ボードの上に、二人の思いがぎゅっと詰まり、
父と息子のこまやかな情愛が流れました。

見ていた俊爺は「男同士だなぁ~」。


りゅう君が帰ったあと、
唇の動きを頼りに、栄治さんと話しをしました。

「栄治さんの趣味は何ですか?」

 「ギターです。」

「クラシックギターですか?」

 「いえ、ロックです。」

「青春デンデケデケデケ……の方?」

 「そうです。」

聞けば、20代の頃、
仲間とともにロックバンドを結成、
「パンク・榮治」の名を関東全域に響かせていたとのこと。

打ち込み方は半端じゃありません。
現夫人とは、バンド活動を通じて結ばれました。

「どうりで指が細くて長いですね。
 西海岸からのパンクロックですか?」

 「はい。」

ふと思いついて、提案しました。

「1年か2年……みっちりリハビリに励んで、
 全快記念コンサートを開きませんか?」

 「…………。」

「家族と親しい人だけの演奏会。
 その時は私も呼んでください。」

 「…………。」

栄治さんの左手が目頭を覆い、
顎がうんうんと頷いていました。

青春の日々が蘇り、心が動いている。
手応え十分を感じました。





☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆







スポンサーサイト

◆ 茨城県診療センターにて ⑤ ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



翌日午後 ――― 。

俊爺は、思わずハッとしました。

栄治さんの腕に、明らかな生色が戻って来たのです。

筋力が落ち、血の気が失せ、
まるで蒼白い棒のような、マヒしたままの右腕。

妻 笙子さんはパットを肘と手首にあてがい、
「AWG」照射を続け、今日で6日目に入りました。


マヒはいっこうに変わりません。
しかし、取材初日とは腕の色が違って見えるのです。

肘関節のあたりが淡いピンク色を帯び、
白いままの手首が汗ばみ、
気のせいか、皮膚に艶が出ています。


昨日の取材後、
それまで病床で試みていた右腕の曲げ伸ばし運動に、
いっそうの弾みがついた。
それが艶の原因らしい。
どうやら「全快記念コンサート」の会話が、テコになったようです。


「ギターの演奏など、何一つ経験のない男だけど……。」

栄治さんに、声を掛けました。

「いま持っているギター演奏のCDは、たった二枚です。
 1枚はクロード・チアリというフランスのギタリスト。
 もう1枚はたしかセゴビアとかいう、南米のギタリストのものです。」

栄治さんの唇が動き、

 「クロード・チアリは『禁じられた遊び』ですか?」

「そうです。
 冴え渡った音色が玉となり、
 神経の上をころころと転がっていくような。」

 「きれいな演奏です。
  セゴビアはどうですか?」

「ギター演奏というよりは、
 命の根源が、弦に乗って迫ってくるって感じですねぇ。」

 「たしか南米の、森の歌か何かの演奏でした。」

「チアリはピュアで繊細でキラキラ輝く水晶の首飾り。
 セゴビアは縄文土器のような素朴などっしり感……
 音痴のいうことだから、やぶにらみの感想です。」

栄治さんの頬がゆるみ、
 「チアリは幅広いファンに愛されました。」

俊爺が応じます。
「そりゃあ、俺でも耳を傾けるんだから。」

 「ミュージシャンが愛されるためには、純粋さが必要なのです。」


ギターという楽器を軸に、心が通い合う。
会話が佳境に入ったところで、
ベテランのナース2人が入室、「呼吸器とシーツを交換します」。

喉のチューブが外され、てきぱきと作業が始まります。

「あら、100だわ!すてきじゃないの。」とナースの1人。

「何が100なんですか?」と声を掛けると、
「血液中に溶け込んでいる酸素の代謝効率です。」

人工呼吸器のモニター数値だとか。


今度はナースからの問いです。

 「毎日、興味津々で見ているんですが、この、
  パットをあてがっている器具、どういう原理の器具ですか?」

「気になりますか?」

 「便通も、血色も、食欲も好転し、
  除去する痰の色も量も正常。
  きっとこの器具が好転現象と関係しているのよ、と
  ナースの間で話題になっているんですよ。」


俊爺、
「看護婦さん、3分だけ聞く耳をくださいな。」
思い切って声を掛けました。

「『AWG』は、『人はなぜ、病気になるのか』って。
 そこから話しがスタートします。
 人体の細胞が+-の電荷バランスを崩すと、
 その細胞が劣化し痛んできて、
 病気の原因となるんではないか……
 こういう話しです。』

 「へぇ……
  じゃあ、細胞や細胞核はなぜ劣化するの?」

ナースは急所を突いて来ます。

以下は俊爺の説明 ――― 。

遺伝子や細胞や細胞核を、さらに細かく見ていくと、
窒素だの酸素だのという元素。

されにそれを100億分の1レベルで細かく見ると、
原子核と電子に行き着く。

人体内のあらゆる細胞が、他のあらゆる物質と同じように、
原子核と電子から成り立っている。
原子核はプラス電気を帯び、
電子はマイナスの電気を帯びている。

「これは宇宙全体、全物質をつらぬく荷電秩序なんです。
 人体も例外ではありません。」

 「人体の陰・陽という考え方ね。
  看護学校でチラッと教わったけど。」

ナースの1人が相づちを打ってくれます。

「ところが、宇宙船や放射線の影響とかで、
 人体中に、原子核もプラス帯電、
 電子もプラス帯電という異常荷電の部位(細胞)が生まれる。

 これが万病を引き起こしていると、
 器具の発明者たちは考えました。」

俊爺の説明は、一気にゴールへと進みます。

「そこで、原子核も電子もプラス荷電となっている異常細胞に、
 マイナス荷電の電子の束を浴びせれば、
 バランスを取り戻して、異常細胞が死滅、
 人体は健康に戻るのではないかとの問題意識から、
 人体実験が繰り返され、生まれたのがこの『AWG』なのです。」

 「へぇ~、ちんぷんかんぷんだけど、
  本当だとすると、凄い器具ね。
  あなたは、どういう方なんですか?」

「取材者です。
 『AWG』の器具のまわりで、何が起きているか。
 それを調べて、原稿を書いています。」

 「あら、ご苦労様。
  メーカーから頼まれて?」

「いえ、個人的な興味からです。」

 「難しい話がすきなのね。物書きさんって。」

パッパッパッと一連の手順をこなしながら、
俊爺の説明にそつなく相づちを打ち、
ナースたちは隣の病床に向かいました。
彼女たちは大忙しなのです。


本日の取材のあと、
妻 笙子さんから連絡が入りました。

「主人と相談して、
 『AWG』のスーパードクター型を購入することにしました。」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



◆ 茨城県診療センターにて ⑥ ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



7月3日。

毎朝の看護・介護に忙殺されているナースたちに対し、
あんなに早口で、しかも、短兵急な説明。

それで良かったのか?
講演を聴きながら、俊爺はおのれの未熟につき、
反省しきりでした。


この日 ――― 。

大阪市内(大阪ビル)で開かれた
先進技術研究「ゴールド・メダル賞」記念講演会で、
受賞者の1人、九州大学工学部の井藤彰准教授は、
「直径10ナノ・メートルの酸化鉄の粉」を、
生体細胞1つ1つにまぶし、
「身体の外部から磁場を掛ける」ことで
がん細胞を加熱、がん部位を「叩く」研究に付いて、
データや画像写真を使い、講演しました。

学問というのは、
仮説を実験で確かめる地道な作業のもとに進歩するんだなぁ……
と実感させられる、ハイレベルな講演内容でした。


直径10ナノメートルといえば、
1億分の1メートルの大きさ。

もはや、「粉」ともいえない、
目に見えない酸化鉄の微粒子を、
細胞膜にまぶす。

そうしておいて、
人体外から「磁場」を掛け、細胞を加熱する……。


これは「AWG」原理と、ほとんど同じではないかと、
俊爺は思いました。

以下は、講演を聴き、貧弱な脳味噌をしぼった結果たどりついた、
思考の「まとめ」です。


① 原子核と、その周囲を回っている電子は、
  それ自体が+-の電極を持つ磁石である。

  原子核=プラス電極、
  電子=マイナス電極 の磁石であることが、
  物理学者たちの観測によって、すでに確かめられている。

② 回転している原子核は、
  回転によってプラス単極の磁石、
  回転している電子は
  回転によってマイナス単極の磁石、
  2つ合わせ+-両極を持った磁石となって存在している。

③ 「AWG」が「低周波に乗せて発する電子の波動」は、
  それ自体マイナス電荷の単極磁石が発する「磁力線」である。

④ マイナス単極の自力線を、
  すでに人体内に生じているプラス電荷の原子核
  ――― それ自体が+単極の磁石 ――― 内に差し込む。
  「AWG」原理でいえば「マイナスイオンの照射」である。


  「文学的に過ぎる」のそしりを受けることを承知で言い換えると……。


 A・男(+)ばかりが住む国がある。
   その国是は
   『男どうしの友情、同士愛は、人間の「和」・至誠、その極地だ。
   男は女に対し優位の性だ。』

 B・突然、女(-)ばかりの集団を乗せた波動船が、男国に漂着する。

 C・漂着した女人集団(-)をどう迎えるか、
   これを巡って男(+)ばかりの国内は激動する。

 D・これまで通り、男同士の友情ほど美しいものはない、
   これぞ「和」の極地だとする一派と、
   女との「和」こそが自然、男女の性愛にこそ、
  人の「和」の本質があるとする一派の、
   深刻な対立が始まる。

 E・男(+)ばかり住む国は、
   女(-)との共存共栄を図るべく、憲法を改正する。
   男女平等の思想が広がり、機会均等法が制定される。
   男ばかりの国は亡びる。

 G・「古事記」の一節が流布される。
   わが国は、天の岩戸の昔より、女ならでは夜の明けぬ国。
  かくしてヤマト国の女どもの平均寿命は、世界最高となる……。

 H・上記文中「男(+)」の国とは、
   人体内の「原子核=プラス荷電、電子=プラス荷電」細胞を指す。
   「女(-)」集団とは、「電子=マイナス荷電素粒子の帯」を指す。



7月半ば。
栄治さんの家族から連絡が入った。

「病状好転を受け、守谷市内のリハビリ専門病院に、
 転院することになりました。

 完全マヒしていた右腕ですが……
 肘の関節が少し動くようになりました。
 社会復帰に向け、希望が持てます。

 この調子でリハビリを受けながら、
 「AWG」照射を続けます!」






☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( このシリーズ終わり ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆







プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。