スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦  43 ◆

小さな診療所の大きな挑戦  43


◇ 第7回MMS研究会 議事の概略を再現 ① ◇


731部隊と二酸化塩素


(今野時雄)
皆さん遠いところからお集まり頂き、ご苦労さまです。
昨年9月15日、俊成さんとこの場所で出会い、
ジム・ハンブルの本を見せたのです。

二酸化塩素が万病に効くことを話しましたら、
俊成さんが「その薬の名を聞いたことがある」と。


あの731部隊の幹部医学者だったFという人が
「部隊の批判・悪口は書くのは自由だが、二酸化塩素の悪口だけは書くな」
と言った……50年前に取材していた記憶が、俊成さんにパーッと戻った。

「二酸化塩素は、人類を病原菌から救うものだ。
 悪口を書いてはいかん」と言われたと。


731部隊には「赤痢研究班」というのがあったそうです。
そこで捕虜を相手に赤痢の羅患実験をおこなう。

と同時に、赤痢で瀕死の状態の被験者を、
蘇生させる実験もやっていた……

それに二酸化塩素が使われ、捕虜が生き返っていたというんですね。


それを聞いて、私の方がメラメラと燃え上がりまして、
「ジム・ハンブルの書いていることは本当だ」と。
ドクトルIと3人でMMSの勉強会をやろうと、3人で始めたのがこの研究会です。

「本物はこうなるのだなぁ」と、いま思っています。
会を重ねるごとに増えて行く「勢い」を感じています。

何とかこの家に40人が入れるスペースを作ろうと、
私がいつも寝ている布団も、荷物なども片付けて今日を迎えました(笑)


ジム・ハンブルは、アメリカ国内で製薬業界や医学界から目の敵にされています。

低コストで難病が治る、こんな薬品がどんどん普及してもらっては困る。
暗殺の危機にさらされ、行政当局からも収監されそうになって、
いまはドミニカ共和国だかの教会に身を隠している。

そういう状況が伝えられています。

真実の薬品が喜ばれるとは限らないのです。

わが研究会は、MMSを作りはしますが、決して利を追わず、
お布施を頂いた方には「お布施返し」として、MMSをお渡ししています。





(続きは3日後に)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。