スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦  48 ◆

小さな診療所の大きな挑戦  48


◇ 第7回MMS研究会 議事の概略を再現 ⑥ ◇


水が老化を遅らせる


(松下和弘)
いま使われている市販の合成洗剤の殆どは界面活性剤です。

界面活性が高い『水』は、繊維のこまかな隙間に入り込み、
そこに付着した油分(汚れ)を溶かすのです。

しかし、各家庭から毎日流れ出す、こうした合成洗剤は、
油汚れを落とすは落としても、しょせんは石油化学系の物質です。
しかも経皮毒でしょ。

そうですね。
皮膚から体内に入って、有害な作用を引き起こす物質のことを
経皮毒といいます。

こういう物質を含む繊維を、10回すすいでも、
洗剤成分が、繊維に残るのです。


ところが、『水』そのものの界面活性力を高くしてやれば、
合成洗剤は不要になります。

あるいは4分の1で済みます。そうでしょ。


界面活性力の高い『水』は、
たんに洗い物の油分を溶かすだけではありません。

体内に取り込めば、メタボリック症候群の原因となる
血中脂肪、内臓脂肪を代謝促進してくれます。


そのような『水』をつくるツールとして、
花崗岩と竹炭を活用して下さい。
竹炭というのは、高温で焼いた竹炭です。

微細な粒子が、『水』中の汚れを吸着し、
竹炭から微量のカリウムイオンと、珪素イオンが溶け出し、
アルカリ性になります。

竹炭や花崗岩が放つ、遠赤外線の放射エネルギーは、
『水』分子集団を小さくしてくれます。


竹林は、全国どこにも見られる資源です。
花崗岩は、墓石を彫る石屋さんに、
菓子折り持って、彫った屑石をもらって来なさい。

水が老化を遅らせるのです。
そのことを頭に置き、家の中の『水』を、改良しましょう。



-------------------------


ここで、俊成正樹の 『AWG』は魔術か医術か?-BLOG- は
事情があって一時中断させていただきます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
577位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
113位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。