スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 健三さん奮戦記 ⑤ ◆

「健三さん奮戦記」 続きです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


末期肝がんで余命3ヶ月を宣告された夫・健三さんが、
女房に隠れてタバコを吸っていた!

面倒見きれないよ、もう。どうぞご勝手に。
一途に看護してきた妻・共子の、痛烈な三行半にも似た「AWG日記」の筆調です。

それにしても、健三はどうやってタバコ代金を捻出したのか。
禁酒禁煙の誓いとともに、夫の身辺には財布はなかったはずです。

問い詰める共子に、健三はしぶしぶ答えます。

「家にある……
車の廃部品を廃品業者に持ち込み、現金に換えた。」のだと。

家業は車のボディショップ。廃部品はそこら中にあります。


「それほどまでに体力が回復していたのか。」の感想。
「それほどまでして。タバコが吸いたいのか。」の想い。

共子には夫の心が理解できませんでした。

余命わずかだから、吸えるうちに吸っておこうというのか。
考えの甘さからではなく、絶望から逃れたいために吸うのか。

病状好転の兆しありという大事な局面で、
克己より快楽を優先させるのか?
男は皆そうなのか?

考えるほど分からなくなり、腹の底がグツグツ煮えてくる。
共子はあれこれのことを考え、一晩中眠れませんでした。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。