スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 健三さん奮戦記 ⑧ ◆

「健三さん奮戦記」 続きです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


健三さんは、周囲が思っていた以上にヘビー・ドランカーでした。
葬儀のあと、家の中あちこちで、ワンカップの酒瓶が見つかりました。
大量・連続の飲酒は、胃袋の動脈瘤となって、健三さんを蝕んでいたのです。

しかし、本人の病魔への警戒は、主として肝がんと、
そこから転移した肺がんの検査データにありました。
胃袋のCTを撮れば、容易に動脈瘤が発見されたでしょう。

が、主治医も含め、
誰も胃動脈瘤の肥大に思いが至らなかった
のでした。

「洗面器に溢れるほどの吐血が始まり、
大量出血で薄れていく意識と闘いながらの、口惜しそうな顔が忘れられません。」

妻・共子さんのコメントです。


もしあと一ヶ月、生存すればギネスブックに載った
と思われるほどの、重度肝がんからの日常復帰。
世界記録樹立を直前にした健三さんの奮戦は、人の命の強靭さを示しました。
合掌。


と、このブログを書いている矢先、携帯が鳴って
「すごいわよ!ギネスブックものよ!
肝臓がんのクランケに奇跡が起きているわよ!」
と、元気な女声。

静岡県浜松市で「浜名湖健康ビアーラ」
(拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』第一章に登場)の気功師、
高橋佐智子さんからです。


肝臓がん?
思わず胸がドッキン。高鳴りました。

たったいま健三さん奮戦記の最終回で、ギネスブックうんぬんと書いたおりもおり、
ギネスブックうんぬんの報告が飛び込んできたのです。
冥界から健三さんが降りてきたのか、と一瞬思いました。


「うちに来られるお客さんの誠さん。
 がんの指数をしめす「がんマーカー」の検査数値が、
 月ごとに倍増して、ついに100万を超えたのよ。
 世界最高記録じゃないかしら?

 ほんでもって、気功と「AWG」照射で持ちこたえているのよ……
 東海一の近代的病院の検査値だからねぇ。
 医師も首をひねっているそうよ。

 取材に来ない?」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。