スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 世界最高記録 ― 誠の奇蹟 ◆

ここからは 「世界最高記録 ―― 誠の奇蹟」 として、
浜名湖ビアーラに訪れた誠さんのお話をしましょう。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


小柄な老人が、毛布にくるまっていました。
「浜名湖健康ビアーラ」の「AWG」照射フロア。
顔につやと張りがなく、頬がこけています。

誠(72歳)。
清水市で長年、建築・不動産業を営んできました。

「造血機能が、ガクンと落ちているのよ。」
高橋佐智子気功師が、病院の検査データを示しました。
東海に名高い先進医療病院の検査数値です。

ヘモグロビン値4.5。
健常男子の値は、15~16から上。
その4分の1しかありません。
「余命1年と言われています。」と妻の雅子。


手渡された検査データを見て、目をむきました。
「がんマーカー」と呼ばれる検査数値が1,222,800を示している。
気功師の言う「世界最高記録」は本当でした。
何度見ても検査値1,222,800

「家族のために……働きに働いてくれた結果が、これでは
 ……かわいそうすぎます。」
言いかけた雅子が涙声になりました。


発病は4年前。
がんセンターで肝がんと診断され、即手術。
がん部位が肝臓全体に広がり、「1回の手術では取りきれない。」
と医師から言われ、2回切り、
「術後数ヶ月は持たないと思われます。」
と死亡宣告のような言葉を受けました。

わらをもすがるような思いで、ここ「浜名湖健康ビアーラ」を訪ねました。
熱心な気功師がいて、「気」と「AWG」の併用で、難病が好転する、
と人づてに聞いたからです。


初対面の時、誠は殆ど半身不随。
足の腹がパンパンに腫れていました。
この時の「がんマーカー」値は7300
健常男子の場合、二桁止まりが普通。
その100倍以上もあったといいます。

「検査値は毎月のように倍ペースで増え続け、ついに100万を超えたのよ。」
と気功師。
「ほら見て。お腹が膨れているでしょ。」
肝臓が腫れているのです。
腹部に手を当て、気功の施療が始まりました。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
241位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。