スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 号外! 4/11 ◆

連載途中ですが、 号外 です。


たいへんお待たせしました!
拙著 『 「AWG」は魔術か、医術か? 』改訂版が、
今月20日から、全国の書店に配本されます。

この間「AWG」のルーツを巡る新資料が現れ、
取材調査の結果、多くの新事実が明らかになり、
旧版の加筆削除は200箇所におよび、
巻末に「補遺」(「AWG」のことをもっとふかくしりたいかたのために)稿を
書き下ろしたので、改訂作業が手間取り、配本が遅れたしだいです。


もし改訂版が書店店頭になければ、
書籍ネットサイト「アマゾン」でご注文頂けます。


ブログ読者も、10日に1回ずつ、新しい読者を得て広がりを見せています。
筆者は、21世紀の医療の主流となる振動(波動)医学、
その草創期のチャンピオン格である「AWG」の素顔を記録し、
試行錯誤の荒削りの魅力の、ありのままを描いていく所存です。
ご声援くださいますよう。


ここで、問い合わせのお答え ―― 。

「ウソと坊主の頭はいわない」は、
(髪の毛を)結わない(ゆわない) = 「いわない」にかけたダジャレ。
子どもの頃、町内の3~4箇所に「髪結い」の看板が掛かり、
日本髪のご婦人が出入りし、「髪結いの亭主」もいました。

田舎の町に洋服短髪の女性は数えるほど。
素朴な木綿の袷にあだな姿の洗い髪は、
庶民女性の、ごくありふれた夏風俗でした。

一昔前のギャグを持ち出し恐縮。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

改訂版

昨日旧版を入手し、大変興味深く拝見しました。

改訂版も読んでみたいと思います。
今後の更新楽しみにしております。
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
453位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。