スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 世界最高記録 ― 誠の奇蹟 ③ ◆

「世界最高記録 ―― 誠の奇蹟」 続きです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


がんマーカー検査値が1,222,800。
ギネスブックなみの数値を示している誠さん(72歳)。
きっかけは、ウグイスに付いたトリモチを溶かすうち、
鳥の寄生虫が口に入ったからではないか?

「寄生虫でしょ!それ!うぐいすの!」
神奈川のレイコさん(38歳)の症例から、ひらめいた言葉でした。


話をひとまず、レイコさんのほうにもどします。
「AWG」には「疲労コード」が2つあります。
1つは「疲労(倦怠)」。
もう1つは「疲労(全身)」。
カジさんにも掛けた……といえば、
読者は「あぁ、あのグースカ寝るコード」と思い出すでしょう。

そう、それをレイコさんは試しました。
肩の左右の肩胛骨の下。
そこにパッドを1枚ずつ。
次に左右腎臓の後ろの1枚ずつ。
こうやって疲労コードを掛けると、人は安心して眠りにつきます。
レイコさんもぐっすり眠りました。


結果は ――― 。

「レイコが皿を洗ってくれましたよ!」
と、母親の幸恵さん。

筆者にそれを言うときの顔は、つつましく輝いていました。
ただ洗うだけでなく、水切りのケージに、ちゃんと立てていましたよ、と。

皿洗いの手伝いが嬉しい、の表情ではありません。
娘は、皿洗いを楽しむまでに回復している……体調が良くなっている。
その笑顔です。


以上の話を、誠さんの妻・雅子さんと、高橋佐智子気功師にしました。
さっそくやってみましょう、となりました。
4枚のパッドで疲労回復のコードを掛けてもらって10分。
なんと、誠さんの口から、小さないびきが、聞こえてきたのです。


寝息を立てる誠さんを見ながら、不思議な気分でした。
東京・カジさんと、神奈川・レイコさんの、反エントロピーのエネルギーが、
ここ清水市の誠さんに乗り移り、誠さんがうつらうつらと寝ている……。

何とも奇想天外な思いに、浸されていました。
いま、誠さんに注入されているのは、カジさん、レイコさんの、
「楽になりたい」「治りたい」という、
けんめいの思いが乗った素粒子の束
ではないか……。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

AWG療法受けました

癌3大療法で免疫が極度に落ちて
いましたが、1度の施術で倦怠感、骨痛がなくなり効果の大きさに驚いています。
早くこの治療が世間に広まる事を願っております。
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
241位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。