スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 号外 混合診療解禁と「AWG」 ② ◆

号 外 ② !

混合診療解禁と「AWG」


はじめは、新抗がん剤の開発速度を上げるための
混合診療解禁でしょう。

しかし、ほどなく波動医学の器具が、
新抗がん剤にとって代わる日が来るだろう。
俊爺はそう考えます。


その理由は、開発されるほとんどの抗がん剤に潜む、
「患部を叩く」という哲学です。
「哲学」を「思想」と言い換えてもよい。

病んだ細胞を叩き潰せば人体は健康に戻る、
他の部位に転移させないという考え方です。


叩き潰すには、がん細胞がコロリと参る
有毒化合物(つまり新薬)を用いるのですが、
このような有毒化合物は、
患部周辺の健康細胞まで叩き潰してしまうのです。


副作用で髪の毛が抜けた、食欲が減退したなどは、まだいい方。

血液中の血球が極端に減少または増加し、
無菌室で高熱にうなされる、
倦怠と無気力で身体を動かすこともつらい、
歯茎や傷口からの出血が止まらない、
筋肉がそげ落ち、自分でも見るに忍びない骸骨同然の四肢になった、
など、俊爺が目撃した抗がん剤の副作用には、いずれも死臭が漂います。


悲惨な人体実験にも似た、新薬開発のための「混合診療」の底流に
「患部を叩く」という哲学がある。
これがあるかぎり、死臭は消えません。

そうではなく、
健康な患部の免疫力を高める、
全身の新陳代謝を高める、
血流を浄化する、
発汗や大小便のスムーズな調節により
転移を防ぎ、がん組織の縮小を図るという発想の転換が必要だ……

1つの好転症状をきっかけに、
蘭方薬(漢方ではなく、日本独自の発達を遂げた蘭方処方のクスリ)
+波動医療器具を用いた医師の臨床データ収集が始まる。

そのような日々が、遠からず来ます。


健康保険適用の精密検査で
、尿や血液からの分析結果が出る。
それをもとに「AWG」を含む波動医療器具と
蘭方薬との連係施術がおこなわれる。

好転率がアップし、
日本の新興医学=波動(振動)医学と蘭方薬が全世界に羽ばたく。

医学史、医療産業開発史は、
まちがいなくそちらの方向に流れるでしょう。


その日を楽しみに、俊爺は今日も5キロの散歩を欠かさず、
「AWG」によるアシドーシス(酸血防止)、
免疫向上、動脈硬化症予防の3コード番号を照射し、
クコの実と当帰エキスを毎日噛み続けています。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

AWGは普及するのでしょうか?

AWGは完全に抹殺されたと思い込んでいました。
貴殿の本を読み、今AWG治療を行っています。

現状の説明を少し
昨年昨年7月大腸癌が腸内に詰まり腸閉塞で手術し、3月には肺と肝臓への転移が判明しステージ4で、医者からは余命2年、抗がん剤を使用して5年と宣告を受けました。

昨年12月に受けたCTC検査の結果、50種類中3種類の抗がん剤は効果あると判明しましましたが、同時に抗がん剤に対する耐性の高い癌であることも判りました。

医者からは抗がん剤を進めれましたが、今はAWGに賭けています。

AWGが抹殺されかけた理由は、これが普及すると今の医療のビジネスモデルが崩壊するからではないのでしょうか?
医者でAWG治療を行えば、色々と妨害を受ける事は容易に想像できます。

7月からスーパードクターは販売中止になり、レンタルだけの扱いになった様です。
またこの辺の事情も取材願います。


プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
241位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。