スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 茨城県診療センターにて ① ◆

「茨城県診療センターにて」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



夫(榮治さん・41歳)へのAWG照射を始めます……
と妻の笙子さん(37歳)から連絡が入ったのは、5月下旬でした。

榮治さんは、さるマガジン(雑誌)出版社の営業マン。
出張先の水戸市で倒れたのは、今年1月もまだ松の内。

顧客接待中の出来事でした。


飲酒中、トイレに行ったっきり戻ってこないので、
見に行くとタイルに頭をぶつけて転倒したのか、
榮治さんの頭皮が破れ、傷口から出血していました。

手を貸すと、
「すみません。」と意思表示があって、起き上がった。


「単に頭を打っただけのようです。」

ふらつきながらも気丈に立ち上がった榮治さん。
自力歩行でトイレから出ました。

じつは頭蓋が割れ、
硬膜外出血していた
のですが、
気づく者がいないまま、ひとまず大事を取り、ホテルに戻りました。


異変が発覚したのは、翌朝でした。

電話への応答がなく、同僚が部屋に入ってみると、
榮治さんは意識不明の昏睡状態でした。

救急車でセンターに搬送された榮治さん。
脳外科専門医の診断は
『脳内ヘルニアからの起因による脳梗塞』。


緊急開頭手術を終え、
「脳内の出血は出来るだけていねいに、取り除いておきました。」
と担当医師。

来院が遅すぎた、
転倒直後の搬送なら軽度の症状で済んだのに……
と残念な表情でした。


かけつけた家族の前に
人工呼吸器をつけたまま
ベッドに横たわっている
榮治さんの姿がありました。

重度の右半身マヒです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。