スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ① ◆

『小さな診療所の大きな挑戦』 始まる

横浜市「T診療所」大胆な試み!

AWG(段階的波動発生装置) + 
MS(ミラクル・サプリメント)の併用により、
「あらゆる難病の克服」は可能か?
(三日ごと更新)

一人の医師の、勇気ある決断が、
小さな診療所を大きな舞台へと押し上げようとしている。
医療界の話題と注目を集めることになるか。

横浜市。
私鉄A駅から、歩いて7分の至近距離に、その診療所はある。

看護師・事務、調剤スタッフを含め、医師を軸に四人体制で、
一日平均80人の外来(調剤投薬も含む)をこなす。
坂の中腹に建つ、駐車場もない、小さな小さな診療所だ。

所長はドクトルI。
医師免許取得から開業35年、専門は消化器内科。
しかし、地域密着の診療所では「何でもあり」オールラウンドの診療が求められる。
どんな疾病にも効き目のある、
キラリと光る初動段階での処置・治療方法はないものか?

研究熱心のドクトルIは、一年前、
俊成正樹著『AWGは魔術か、医術か?』(五月書房刊)を読んだ。


(このシリーズ3日ごと更新)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

消化器内科の先生がAWGを導入されたのですね。
続きを読むのが楽しみです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。