スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ふるえるカジさん ④ ◆

「ふるえるカジさん」 続きです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


10月23日(火)午前8時20分。
東京・八重洲口のフジヤホテル前のバス・ターミナル。
草津温泉直行のバスに、カジさんを入れて6人が乗り込みました。

多重臓器不全のカジさん。
糖尿病持ちの建設会社E社長。
自律神経失調症の主婦Tさん。
長年の肩こりに苦しむ主婦Aさん。
2年前、がん手術で胃半分を切除したという主婦Yさん。
プラス筆者。

いずれも病と闘い、老いにあらがう男女ばかり。
つまり現代日本社会の縮図です。

縮図を乗せたバスは首都高から関越へ。
さらに赤城山を望みながらゆられること3時間。

草津温泉は、ケヤキの大木と深紅のヌルカエデ、
朴葉散る道とハゼウルシの炎の中に、
湯煙を上げていました。

時に皇室の宿泊もあるという、紅葉のホテルヴィレッジ。
ここが「AWG」合宿の会場です。


持ってきた「AWG」は3台。
これをE社長とカジさんで1台。主婦3人で2台。

2つの部屋に分かれ、入浴と照射を反復する2泊3日
過ごそうというのです。


E社長は「疲労虚脱」と「糖尿」、「目全般」のコードを順次。
Aさんは「動脈硬化」と「アシドーシス」。
それぞれの自覚症状とコード表をつき合わせてもらい、
器具のスイッチを入れてもらいます。


照射わずか10分。
主婦のYさんはスッと眠りに落ちました。
主婦のAさんは拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』を開いているうち、
やがて「動脈硬化」の波動に揺られウトウト。
E社長はと見れば、「疲労・虚脱」コードで、すでに高いびきです。


現代人は、だれもがくたびれている。

主婦も社長も、人間関係の渦にあって、芯から疲れ切っているのです。
「AWG」をかけると、そのことがよくわかります。


カジさんを誘って、会員専用のクア(温泉)に入りました。

湯気の向こうで、カジさんの声がします。
「多重臓器不全を言い渡され、6年も生存している人間は、
 私が初めてでしょうね。」

遠くは歌手の三橋美智也、バーブ佐竹、
近くは田原総一朗評論家の夫人など、
無念の死が続くなか、カジさん1人だけがくたばっていません。

生存の秘訣は?

問う筆者にカジさんは答えました。

「……プラセンタですね。」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。