スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ⑤ ◆

小さな診療所の大きな挑戦⑤


MSは状況の突破口になるか?

■ ミラクル・サプリメントの文献記録が現れた

ドクトルIは、論文資料やインターネット・サイトで、MSの効果を綿密に調べた。
合成した二酸化塩素の、一日三~四回の飲用。
わずか数滴のミラクル・サプリメントが、体内をみごとに浄化し、人体を健康に引き戻す。
その確かな効果の、ドキュメンツ(記録データ)が見つかった。
二酸化塩素の驚くべき薬効について、医学者たちの共同研究論文も発見された。


■ ミラクル・サプリメント(MS)の化学原理と、薬理

小さな診療所の大きな挑戦④で化学・薬学原理の一部を紹介したが、
もう少し詳しく書いておく。

①亜塩素酸ナトリウムにクエン酸を反応させると、二酸化塩素を生成する。

②生成された二酸化塩素を、蒸留水または生ジュースで薄め、
 ごく微量の二酸化塩素を含む溶液を得る。
 これを飲用すれば、体内の免疫系が飛躍的に賦活する。
二酸化塩素が、免疫系へのスーパーチャージャー(燃料過給器)の役割を果たす。

③活性化した免疫系は、人体内のpH数値「7.4」以下で存在する
 嫌気性の各種ウィルス、バクテリア、カビ、寄生虫(ほとんどが病気の原因となる悪玉菌)を、
体内奥深くまで探し出し、運んで来た二酸化塩素のイオンで、
 瞬時にこれを酸化し、病原体の電子と熱エネルギーを奪う。
 悪玉菌は急速に死滅する。

④そのさい、健康な細胞(pH7.4以上)には、なんら障害を与えない。

⑤この、MS(二酸化塩素溶液のミラクル・サプリメント)を、
 適切に摂取すれば、がんを含む伝染性疾患の症状を好転させる可能性大。


■ 1999年、米国化学会分析部は、二酸化塩素は
  「人類の知る限りにおいて、最強の殺菌剤である」旨を発表した‥…。




(続きは3日後に)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
241位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。