スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ⑪ ◆

小さな診療所の大きな挑戦⑪


史上最強のサプリメントは、
 こうやってウィルスを殺す


----ドクトル・Iの、「ストンと胸に落ちる」謎の解き明かし


ここまで読んで来て、読者には疑問があろう。

「MSサプリメントはなぜ、体内のウィルスのみに作用するのか?」
「強力な薬品を体内に入れて、残留薬害はないのか?」

それを尋ねると、ドクトルIはにっこり笑い‥…。


■ 悪玉菌と善玉菌

「人の体内には、酸素を好む「好気性細胞」(善玉菌細胞もおなじ)と、
 酸素を嫌う「嫌気性細胞」(がんを引き起こす悪玉ウィルスもおなじ)があります。

 MSサプリメントを飲むと、
 赤血球が運ぶ二酸化塩素が、たちまち悪玉菌に取り付くのです」。


■ 陰陽あい惹かれるpHのふしぎ

「どうして取り付くのか?
 悪玉菌の表面のPH(ペーハー=酸度)は、なべて7以下です。

 一方、二酸化塩素のPHは7以上。
 陰陽あい惹かれるというんですかね、
 とくにクエン酸と化合した二酸化塩素は、酸化パワーが飛躍している。
 スーパーチャージャー(燃料過給器)を持つ車みたいなものです。

 PHの低い悪玉菌に取り付くスピードが、
 体外にあった二酸化塩素より100倍も速い。」


■ 酸化作用と揮発性

「悪玉菌に取り付いた二酸化塩素は、直ちに人体の中で気化し始める。
 イオン化するのです。
 二酸化塩素は揮発性が強い。

 その時、取り付いた悪玉菌細胞の+電位の電子イオンを、剥ぎ取っちゃう。
 酸化作用を起こすのです。
 消毒ってのは、つまり酸化作用ですから。

 でも、すべては、ナノ(10億分の1)領域での毎日の出来事です。
 物質というのは+・-の電子の数で、その物質が何であるかが、決まっている。
 電子の数が増減すると、たちまち変質する。
 ウィルスの場合だと、死滅です。」


■ ウイルスは死に絶え、二酸化塩素は塩と水に

「酸化作用が起きたあと、ウィルスは死滅し排泄されます。
 二酸化塩素は劣化し、塩と水に分解し、
 人体内に残留することはありません。」



(続きは3日後に)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
241位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。