スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ふるえるカジさん ⑥ ◆

「ふるえるカジさん」 続きです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


21歳~23歳にかけて――
売れっ子のメンズ・ファッションデザイナーとなったカジさんは、
美人画で有名な伊東深水、前衛画家の岡本太郎各氏らの知己を得て、
感性を磨きました。

一面識もない青年デザイナーのカジさんに対し、
岡本太郎が手を振り肩を揺すり、
目を輝かせて語った「美とは何か?」。

これを機に
「本物のメンズ・ファッションとは何か?」
の問題意識が頭をもたげた――と、カジさんは20代の前半を回想します。


「本物のメンズ・ファッション。
 それは、手作りから生まれる。」

イージー・オーダーの大海を泳ぎながら、カジさんは1つの結論に達しました。

生地の仕入れから服飾デザインから縫製まで、
全て自分の感性と技術で選択する
オーダー専門店(仕立て屋)に転身しようと決意しました。

23歳で結婚、独立したカジさんは、
愛妻との間に子どもも生まれ、
紳士服の注文も順調、順風満帆の人生と見えましたが、
40代に入り、試練が襲います。


唐突に訪れた妻の死。
死因はガンでした。

その後、何度かあった再婚話を断り、男手一つで娘を育て上げたカジさん。


波乱含みの人生は、
そのまま高度経済成長期のメンズ・ファッション史でもあり、
服飾業界の名工が遭遇した「多重臓器不全」との、
なまなましい闘いの記録でもあります。


それにしても、カジさんはよく寝ます。
10/23 … 4クール 5時間半。
10/24 … 5クール 7時間。
10/25 … 1クール 1時間。


ここに書いた1クールとは、数種類の波動を組み合わせたもの。

カジさんの場合、「疲労全般」、「疲労倦怠」の2種類で1クール。
それを終えると「免疫抗体の向上」、「ウィルス性疾患」で2クール目。
「筋肉衰弱」、「筋肉の痙攣」で3クール目といった具合です。

それぞれのクールごとに
照射する波動のヘルツ(高低)が違ってきます


13時間。
2泊3日でカジさんがおこなった「AWG」照射の合計時間です。

カジさんはその時間中のほとんどを、寝ていました。
目が覚めると入浴です。


3日目の深夜。
カジさんは、背中が痒くなりました。
虫刺されのような痒みではない。
皮膚の内側からチリチリと走るような、痒みです。

「傷口が盛り上がってくるときの痒みに、似ています。」とカジさん。


この日の午後、カジさんは「わたの湯」に入りました。
数ある草津温泉の中でも、源泉引き入れで名高いクア。
泉質が綿のように柔らかいところから、その名が付いたとか。


カジさんの痒みの報告に、内心「やった!」と思いました。
これは深部からの痒みにちがいないと。
わたの湯+「AWG」の波動照射は、
確実に全身の臓器を活性化させているのだ。
痒みはその現れだ。
そうに違いない……!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ( … 続く ) ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
2328位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
453位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。