スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ⑱ ◆

小さな診療所の大きな挑戦 ⑱


MS …… 比企丘陵での出会い

ドクトルIが、MS(ミラクル・サプリメント)の
存在を知ったのは、昨年の晩夏でした。

埼玉県小川町の一角。
ここで
「不耕農業 = 無耕土・無肥料・無農薬で自然の地力のみに頼り、農作を行う」
というユニークな農法を実践、
みずから「農士学校」を率いる今野時雄宅で、
ドクトルIは、あるじと談笑しました---。


こんなものがあるんですよ。


「こんなものがあるんですよ」
とこの家のあるじ今野時雄が取り出した一冊の文献。

それを開いて、ドクトルIの目が光りました。
次の内容が書かれていました。

① ごく普通の消毒薬として流通している
  「亜塩素酸ナトリウム」の水溶液を用意する。
② それに「クエン酸」の水溶液を用意する。
③ ①、②を混合すると、純度の高い「二酸化塩素」を生成する。
④ 生成された二酸化塩素を生ジュースなどで薄め、
⑤ 1回当たり2滴飲用から始め、4滴、8滴と
  二酸化塩素の摂取量を増やす方法で、
⑥ アフリカ諸国、東南アジア各地に蔓延するマラリアなどの伝染性疾患や
  さまざまな難病を、短期間のうちに軽快させている。
  史上最強のサプリメントが生まれている。


スキルス胃がんの女性患者
危機からの生還例


実際に、この二酸化塩素の水溶液を飲み、
スキルス胃がんステージ4の近親者が、危機から脱出した。

今野の口から語られる生々しい奇跡が、ドクトルIの心を掴みました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
233位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。