スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦 ⑳ ◆

小さな診療所の大きな挑戦 ⑳


体内における
「酸化作用と熱エネルギーの放出」

 ---- これが二酸化塩素の「殺菌作用」だ!


二酸化塩素は、どのようにして、
体内の悪玉菌、ウィルス性がん組織をやっつけるのか?

次の「ウィルス性細胞・一網打尽殺滅の原理」が明らかになっています。

① 二酸化塩素で賦活(ふかつ=活性化)した
  免疫系(血液中の白血球・赤血球・リンパ球など)が
  pH7.4以下の酸性の強い領域で増殖するウィルス細胞の炭素や窒素に取り付き、

② ウィルス性細胞に酸素を与え、

③ ウィルス性細胞から水素を奪い、

④ ウィルスのイオン(原子)から電子(マイナス電荷)を奪い、
  原子(プラス電荷)を与える。

この①~④までの一連の作用を「酸化・還元作用」と言います。


  一昔前には、「酸化」とは酸素のからむ現象だ……とみなされていましたが
  Up-to-deteの物理学は、素粒子レベルの電子(周波動)と原子(核)の
  複雑で一瞬の絡み合いにこそ、「酸化」の本質があると見ています。


⑤ ごく微量の二酸化塩素が体内に入ると、免疫系が飛躍的に賦活し、
  二酸化イオンを乗せた免疫体が、pH7以下の病原菌を求め、
  体内の奥深く、隅々まで移動します。

⑥ 二酸化塩素イオンを乗せた病原体に接触すると、
  病原体の電子5個が瞬時に剥ぎ取られ、
  二酸化塩素からは酸素原子2個が放出される。

  と同時に、熱エネルギーが放出されます。
  病原体の急速な酸化、変質、死滅が進行します。

⑦ 二酸化塩素による病原体の酸化・変質はミクロン以下、
  コンマゼロをいくつも並べたほどの、微細領域の出来事です。

  また、pH7.4以上の健康な細胞への障害は生まれません。

⑧ 病原体との化合=酸化変質
  体内に入っていた二酸化塩素は人体に無害の食塩と亜塩素酸に変わり、
  死滅した病原菌は、オシッコとなり、体外に排泄されます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
922位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
169位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。