スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦  25 ◆

小さな診療所の大きな挑戦  25

FDA(食品衛生局)との確執

 ――――― 販売禁止措置の是非が法廷に


2010年10月、
FDAはMMS販売会社の販売禁止規制を開始する
と新聞発表しました。

なぜ、MMSを売ってはならんのか?

背後に、米国内製薬業界の圧力がありました。

薬価や薬品成分は「アンタッチャブル」


疾病の98%はMMSで対応出来る……
ジム・ハンブルと販売会社の主張は、製薬業界をいたく刺激していました。

それでは新薬や既成薬品のカゲが薄くなってしまうからです。


アメリカは、ドイツに次ぐ世界第2位の医薬品輸出大国です。

ドルをかせいでくれる医薬品と医療器具は、
航空機と合わせ、米国の数少ないハイテク輸出産業。

それがあって、製薬業界は万事に、手厚く保護されています。

クスリの価格について、大統領は業界にいかなる干渉もしてはならない……
こんな法規制のもと、アメリカの薬価は、世界で一番高い。
その薬価は日本の2倍とも言われています。


MMS販売会社に、製品や研究データの没収、
ダニエル代表の身柄勾留、起訴、裁判の弾圧が降りかかって来ました。



(続きは3日後に)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。