スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 小さな診療所の大きな挑戦  37 ◆

小さな診療所の大きな挑戦  37


「まだ生きていたの!?」


今野レポートの続き。

「その時、MMS(ミラクル・ミネラル・サプリメント)、
 つまり二酸化塩素も持参したのです」

「院長と担当医師に面会したら、
『手術不能、いつでもホスピスまたは自宅へ帰るよう段取りすることを考えている』
 旨知らされました」

「滞在中の3日間、AWGは医師の了解を得られず使えませんでした。
 しかし、私はMMSをりんごジュースで割って密かに飲ませたのです」


「患者本人はおいしいおいしいと言って、ゴクゴク飲みました。
 自分で調合して飲んでくれたので、これはゆけるかも……と期待しました」

「私たちが帰る3日目には、食欲が出て、
 自力でベッドから起きて歩くようになっていました」


「半年後の8月12日、本人からの電話を私が受け取りました。
 『○○ちゃん、まだ生きていたの!?』と失礼にも聞いてしまいました」

「『ハイ、退院しました。
  今は市民病院へ通院で抗がん剤打ってます。
  退院の時も、先生から胃の中がきれいになっていると言われました』という」


「あの液体(MMS)が効いたんだよ、
 医者は抗がん剤が効いたと思っているだろうけど。
 そのまま続けると抗がん剤で殺されるよ」





(続きは3日後に)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

嘘を書かないで下さい
プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。