スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 号外! 5/21 ◆

誠の奇蹟の途中ですが、気になるコメントがありまして……
少し長くなりますが、お答えしようと思います。


ブログを読んで頂いている、A様から次の質問を受けました。

Aさんは現在、自宅療養でガンと格闘中。
AWG機器をレンタルし、照射中とのこと。

使用のきっかけは、某クリニックで1時間の使用体験をし、
「良さそう……。」の感触を得たため。

しかし、その時の施術師いわく、
「長時間、毎日やると腸内の細菌がやられてしまうので
 注意してほしい。」と。

これ、1日の照射時間を制限することにより、
クリニック側が貸出期間を延ばし、
レンタル料金を稼ぐためのサクリャク、
またはインボウ
ではないか?


念のため書いておきます。
Aさんのコメントは、素直でていねい。
行間に闘病のけんめいさがにじみます。

サクリャクやインボウなどの表現はいっさいありませんが、
俊爺(としじい)の老いの一徹、気短目で読むと、
文章は単刀直入に浮かび上がります。


ズバリ書きますと、爺が全国を取材したかぎりでは、
AWGは連日、長時間照射した方が効果大のようです。

腸内の細菌がやられてしまうというのは逆で、
照射によって腸内細菌の動きがたいそう活発になります。


昨年秋のこと。
身長155センチ、体重65キロというご婦人が、
連続1週間、ぶっ通し1日3時間の照射を取材しました、

偶然、ご婦人が俊爺の仕事場(厚木市)の近くの在住で、
連日の取材ができました。

ご本人は、「前回いつだった?」
と指折り数えるほどのガンコな便秘。


結果は??
腸内の細菌が増えるの、増えないの。

7日目の朝、入浴の後、モクモクモクモクと。
もうビックリなんてものじゃなく出ました。

あれほど盛り上がっていたお腹の脂肪(と見えていたもの)が
ペチャンコになりました。

最終日、体重計は60キロ弱をしめしました。

7日間で約5キロの減量。
「太りすぎ……というのは、
 ゴチョウナイ大渋滞のことではないか。」
と俊爺はつくづく感じ入ったしだい。


AWG照射で湯中り、的現象の起きることもあります。

皮膚がかぶれたり、疲れが出たり。
何となくAWGを当てたくなかったり。

そういう時は照射を休んでください……
と販売本部ではアドバイスしているようです。

が、これはサクリャクではなく、
純粋に使用者の体調を案じてのアドバイス。

ちなみに、
AWG機器を、製造・販売元から直接レンタルすれば、1日5000円。
1ヶ月単位の貸し出し基準のため、費用負担はバカになりません。

1日5000円分はしっかり照射したい!
と、ビンボー性の俊爺などは思うのでありますが、
湯中り的症状に注意しながら、1日3~4時間程度はがんばりたいところです。


サクリャクやインボウといえば……。

病院やクリニックが、長期にわたり患者を引き留めるため、
投薬や処置で患者の身体を冷やし
症状を悪化させ、入院をうながす。


そのような傾向がいま、全国の医療現場に広がり始めている…
と、現場の医師は言います。


「乳がんの手術で入院を勧められ、切るのはいやですと断ったところ、
 『いざという時に来られても、うちは対応できませんよ。』
 と、ものすごい剣幕で、医師から叱られた。」

病院と医師の実名を挙げての訴えが、爺の手元に寄せられています。


ケンコウホケン・システムを悪用した売上増収の追及。
医者・院所の増収志向は、昨今目に余るものがあります。


めるもさんからもコメント頂きました。
「AWG療法受けました。
 ガン三大療法で、免疫が極度に落ちていましたが、
 1度の施術で、倦怠感、骨痛がなくなり、効果の大きさに驚いています。
 早くこの治療が世間に広まることを願っております。」


コメントの中、「ガン三大療法」とあるのは、
手術・放射線・抗がん剤の3点セットのこと。

ケンコーホケン・システムで、高い診療報酬がつくのは、三大療法のみで、
AWG機器による照射は、システムの外に置かれています。

めるもさん、岡山市内に骨ガン部位が縮小、消失した照射例が現れていますよ。
希望にあふれ、素粒子の波動を体感し、引き続き経過を知らせてください。



この他に、機器の体験やレンタルに関するご質問も頂いておりますが、
こちらではお答え致しかねますので、下記へお問い合わせください。

http://www.asiascorp.com/


◆ 号外! 6/5 ◆

またまた連載の途中ですが……



「奇跡の村」周辺住民さま

上記住民さまから、ブログへのコメントを頂きました。
拙文とのお付き合い、ありがとうございます。

拙著改訂版の「改訂版にあたって」文中、

「出会った読者で『AWG』を使用した百十一人中、
 十人の方から病状好転の連絡が入っている。
 難病十人に一人の好転率である。
 残る四十一人が『現状維持』つまり延命のまま闘病が続いていると見られる。
 残る四十九人は『AWG効果』が現れていない」

と書いたところ、

「これを読んだ私の感想は、
 『たった10%の、しかも好転しただけ?』でした」

と、率直な感想が寄せられ、
10%につき俊成の「個人的な考え」をのべよ、と質しています。


うーん、「百十一人中、十人」を
「たった10%の、
 しかも好転しただけ?」と見ますか。

それとも
「えっ、
 難病の十人に一人がAWGで好転しているの?」と見るのか。

この問題はジャングルにも似て、分け入ると奥が深い。
筆者の正直な「考え」は、「改訂版にあたって」に書いた通り、
どう見るか「医学の素人にはさっぱり判断がつかない」です。


判断がつかない原因は、病状「好転」の内容が、
闘病者本人が向き合っている疾病症状や、家族によって様々であることです。


「治癒」「完治」ではなく「好転」と書いたのには、
病気の種類がさまざまであること。

「好転」10人のそれぞれの疾病名は、
・悪性新生物(各種がん)の複合発生5人、
・長期にわたる歯周病・歯槽膿漏1人、
・耳鳴りをともなう難聴1人、
・進行性アルツハイマー1人、
・帯状疱疹ヘルペス1人、
・脳梗塞1人 です。


たとえば、8年来の難聴に苦しむ主婦の方。

左耳のしつこい耳鳴りと右耳の完全聾で、声量、音程の調節もままならず、
楽しみだったママさんコーラスから離脱。

後ろから接近してくる車や自転車のタイヤ音が聞き取れず
あわやという目に遭い、外出に恐怖を覚える日々が続いていました。


耳鼻科をあちこち受診し、「心因性の難聴」との診立て、
知人からは「心因性難聴が治ればノーベル医学賞ものだよ」と言われて大ショック。

毎日の偏頭痛に悩み、笑みが消えました。
長女の作文には、「わが家にはコミュニケーションがありません。」

家族から1人孤立したような気分でした。


毎日3時間。
素粒子波動の伝導率を良くするため、
塩水に浸して絞った脱脂綿を両耳に挿入し、
その上からパッドをあてがい、スカーフで縛り、
AWGの照射
を始めて3ヶ月余。

真夜中に電話があり、

「俊成さん、
 今どちらの耳に携帯当てているか、わかります?

 全く聞こえなかった右耳です!」 と、声が弾んでいました。

「微かですが、真夜中の静けさだと聞こえるんです。
 左の耳鳴りも小さくなりました。
 お願い、何でもいいから、ささやいてみて下さい。」 と。

この日、よく晴れた昼下がりに洗濯物を取り入れていたところ、
突然ポカンと抜けたような感覚が走り、ご本人みずからが
「牢獄からの奇跡の脱出」が始まった と。

完治例ではありませんが、「好転」例の1つです。


脳梗塞の元フリー・カメラマン。
売れっ子で多忙の日々に倒れ、
脳内出血がひどく、右半身マヒのまま寝たきりに。

夫人の献身看護に支えられて13年経過。
右足首が外側にグイと反りかえったままの片マヒで、
かかとが床につかない状態でした。

AWG照射が4ヶ月目に入り、
「反っていた足首が元に戻り、かかとが着くようになりました。」

杖をつきながら、時間をかけて、自力でトイレまで歩けるようになった、
と夫人から報告がありました。

「13年ぶりの自力排便で、本人にはどんなに嬉しかったか……。」

赤飯を炊いて祝いました、夢のようです、
と報告の声が潤んでいました。


片マヒが治ったわけではありません。
しかし緩慢ではあるが、歩行が可能となった。

室内にコツコツと響く杖の音が、明日への希望であり
小さな1つの「奇跡」となったのです。

「地元の横浜・伊勢佐木町商店街を、もう一度夫婦で歩いてみたい。」
元カメラマンの闘病はいまも続いています。


「好転」10例には、いずれも「%」ではくくれないドラマがあります。

ブログで紹介した健三さんの肝がん・肺がんからの脱出もそうです。
余命3ヶ月を宣告された身体で、太平洋に夜釣りに出かけるまで回復した健三さん。

酒・たばこの誘惑を断ち切れず、胃の動脈瘤破裂にいたるまでの2年間、
ガンの部位は縮小し、肝臓の検査値は正常に近かったのです。


こうも言えないでしょうか。
「好転した事例、
 悪化せず症状の進行を食い止めたままの現状維持事例を合わせ、
 難病2人に1人の割合で、延命を勝ち取っている」と。


効果不明者(取材者への報告なし)が「残った十一人」であったことは、
周辺住民さまの指摘通り。
著者の人数欠落の不注意でした。


異論反論・歓迎!
周辺住民さま、一度お会いし、会話したいものです。




◆ 号外 混合診療解禁と「AWG」 ① ◆

号 外 ① !

混合診療解禁と「AWG」


サッカーワールドカップの開催日まで、あと一年。

安倍内閣は、サッカーならぬ健康・医療分野を、
海外進出の「柱」に飛躍させる「成長戦略」をまとめました。


いま、日本の医学はIPS細胞(人工多能性幹細胞)の研究でノーベル賞を受賞、
高度医療ジャパン、長寿ジャパン、国民皆保険ジャパンに世界が注目しています。

「よし、いまだ!
 海外進出の好機来る!」 と見ての野心的な「成長戦略」です。


2年前、2011年の実績で、
日本製の医療機器、クスリなどの貿易帳尻は、約3兆円の輸入過多。

これを逆転させ、日本製の薬品や医療・検査器具などの
輸出を、グーンと伸ばし、産業の「柱」にしようというのです。


そのために、何から手をつけるのか?

① 日本版NIH(独立行政法人・国立衛生研究所)を立ち上げ、
  これを医療革新の戦略司令塔として、医療(行政)を改革する。

② 市販薬のインターネット上の販売を解禁する。

③ 「混合診療」(健康保険診療と保険外診療の併用)を認める。

④ 医療・医薬品の薬事審査の人員を増やし、審査をスピードアップさせる。

⑤ 予防医学に力を入れる。

「計画」はさし当たって、この5点を提起しています。


上記5点のうち、もっとも注目されるのは、混合診療の公認です。

一口で言えば、
健康保険適用の治療・投薬と、適用外の治療・投薬を、
同じ病院・クリニック内で認めようということです。

ひらたく書けば、
これまでの健康保険システムを適用した精密検査結果と、
健康保険適用外の「療法」を結合させようというのです。


すでに民主党内閣時代、
厚労省内に「代替医療研究会」が発足していました。

名称の「代替医療」とは、免疫療法を軸とした東洋医学・民間療法を含む、
自費診療の「流れ」を指します。


がんに見る現在の健康保険適用システムは ―――― 。

精密検査+外科手術+放射線治療+抗がん剤の4点セット
以外の治療方法には保険を適用しないシステムです。

手術と放射線と抗がん剤の効果を上げるために、
精密検査のあまたチェック項目がしつらえられている感があります。

検査機器メーカーと製薬会社。
その利益を保証するために健康保険システムがある。

そのような現象があります。


しかし、手術も放射線も抗がん剤も、
ともに患者の健康細胞を破壊し、
確実に体力を減退させます。

4点セットの結果、どれほどの好転率が得られるか。
そのデータは公表されていませんが、
数%ではないかと、俊爺は推測しています。

確とした根拠はありません。
取材先で見聞した印象です。

ただし印象は「科学」ではありません。
数%が間違っていれば、読者に詫びた上で訂正します。

拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』に書いたように、
患者を死に至らせる「うるおいの流れ作業」「4点セット作業」が、
医療現場に幅を利かせ、健康保険システムがそれを支えてる、
と爺は見ています。


健康細胞を破壊せずに、がんをやっつけようではないか。

その問題意識が医学者・医師・研究者の間に芽生え、
「代替医療」という言葉が、30年ばかり前から、医療現場に登場しました。
4点セットに代わる、新しい施療、代替施療という意味です。

4点セットと「代替医療」を、並行しておこなう。
それが、混合診療。

今回、混合診療を解禁する目的は?


IPS細胞を使った再生医療、
離島や僻地、あるいは海外の人々への
遠隔診療などの先進技術開発を、さらに加速するためですが、
隠されたもう1つのねらいは、新しい抗がん剤の開発です。


新薬開発のネックは、厚労省のおこなう厳格な薬事審査。
膨大な臨床データを集め、じっと審査の順番待ち。

そのあいだに、欧米の開発する新薬に抜かれてしまう。

そこで、これまでタブーだった混合診療を、
思い切って全面解禁することにより、
臨床データを収集しやすくし、
審査期間を短縮しようというのです。


続きは号外②に ――― 。



◆ 号外 混合診療解禁と「AWG」 ② ◆

号 外 ② !

混合診療解禁と「AWG」


はじめは、新抗がん剤の開発速度を上げるための
混合診療解禁でしょう。

しかし、ほどなく波動医学の器具が、
新抗がん剤にとって代わる日が来るだろう。
俊爺はそう考えます。


その理由は、開発されるほとんどの抗がん剤に潜む、
「患部を叩く」という哲学です。
「哲学」を「思想」と言い換えてもよい。

病んだ細胞を叩き潰せば人体は健康に戻る、
他の部位に転移させないという考え方です。


叩き潰すには、がん細胞がコロリと参る
有毒化合物(つまり新薬)を用いるのですが、
このような有毒化合物は、
患部周辺の健康細胞まで叩き潰してしまうのです。


副作用で髪の毛が抜けた、食欲が減退したなどは、まだいい方。

血液中の血球が極端に減少または増加し、
無菌室で高熱にうなされる、
倦怠と無気力で身体を動かすこともつらい、
歯茎や傷口からの出血が止まらない、
筋肉がそげ落ち、自分でも見るに忍びない骸骨同然の四肢になった、
など、俊爺が目撃した抗がん剤の副作用には、いずれも死臭が漂います。


悲惨な人体実験にも似た、新薬開発のための「混合診療」の底流に
「患部を叩く」という哲学がある。
これがあるかぎり、死臭は消えません。

そうではなく、
健康な患部の免疫力を高める、
全身の新陳代謝を高める、
血流を浄化する、
発汗や大小便のスムーズな調節により
転移を防ぎ、がん組織の縮小を図るという発想の転換が必要だ……

1つの好転症状をきっかけに、
蘭方薬(漢方ではなく、日本独自の発達を遂げた蘭方処方のクスリ)
+波動医療器具を用いた医師の臨床データ収集が始まる。

そのような日々が、遠からず来ます。


健康保険適用の精密検査で
、尿や血液からの分析結果が出る。
それをもとに「AWG」を含む波動医療器具と
蘭方薬との連係施術がおこなわれる。

好転率がアップし、
日本の新興医学=波動(振動)医学と蘭方薬が全世界に羽ばたく。

医学史、医療産業開発史は、
まちがいなくそちらの方向に流れるでしょう。


その日を楽しみに、俊爺は今日も5キロの散歩を欠かさず、
「AWG」によるアシドーシス(酸血防止)、
免疫向上、動脈硬化症予防の3コード番号を照射し、
クコの実と当帰エキスを毎日噛み続けています。





◆ 号外! 7/11 ◆

連載の途中ですが、コメントにお答えしたいと思います。


周辺住民 さま


3週間、地方に出張し、
投書を頂きながら、返信が遅れました。

抗がん剤服用後に手術を受けられ、
その後は健康に過ごしておられるとか、何よりと存じます。

再発への懸念を抱いての日々、手術の部位がどこかは分かりませんが、
ご心配・ご不安のほどを拝察いたします。


まず
「転移を伴う癌患者でも『AWG』を使用するようになってから、
 何年も再発していない人」を何人知っているか、
とのご質問にお答えします。

拙著『「AWG」は魔術か、医術か?』改訂版の
第八章、147ページを読んで頂けるでしょうか?

平成20年7月の職場検診で乳がんを発見した「48歳 祐子」さん
リンパ腺への転移発見、
進行性の乳がんと診断され即手術、
その後ホルモン療法+抗がん剤で脱毛とひどい湿疹に悩み、
病院側から放射線治療の必要を告げられ、
翌年1月、AWGと出会い、ホルモン剤+抗がん剤+放射線治療と決別、
1日6時間のAWG照射ひと筋で、職場復帰を果たし、
これで約5年、再発防止に成功、
元気に地元の保育園に勤務されています。


拙著は登場しませんが、2年前の春、
乳がん=手術後「余命1年」を宣告されながら、
抗がん剤+放射線治療を止め、
AWG照射に切り替えた陽子さん(51歳)は、
シルクプロテインの服用と併せ、粘り強く闘病、
宣告期間の1年を過ぎ、3年目に入りましたが、
いまのところお元気です。



拙著改訂版155ページを開いて下さい。
投薬された「抗がん剤の山」の写真があります。

この方は息子さんが有名大学病院のドクターであるため、
氏名年齢を伏せてありますが、
乳がんが骨がん2ヶ所に転移、「ステージ4」と宣告されましたが、
手術後抗がん剤の服用を中止、
AWG照射により骨がんの縮小(というより、消失)を勝ち取り、
乳がん手術後、再発せぬまま、すでに4年が経過しています。


また、平成22年に右胸乳房の全摘手術を受け、
その後乳房蘇生を見たミチコさんの事例は、
拙著第一章に書かれてあります。

いまのところ再発はありません。

AWG照射と気功施術の併用が、効果を上げた一例です。


「好転率10%」とは、難病111人中、
奇跡的に病状好転した方が、上記の例を含め10人に上りますので、
「良くなった人」が10人に1人の割合になるという意味での表現です。


私がAWGの取材を開始したのは、2011年の秋でした。

以後に出会った人々が220人(小集会を含む)。
そのうち111人の方がAWG照射の体験者、
好転したがん患者の方が5人、
いまのところ、再発せず
闘病を続けておられます。

拙著「改訂版にあたって」をお読み下さい。


取材開始よりまだ日が浅いため、
残念ながら10年以上再発していないという方には、出会っていません。

以上、駆け足のご報告まで。さらなる投稿を歓迎します。



プロフィール

俊成 正樹

Author:俊成 正樹
1936年生まれ。大阪市出身。
中央官庁(現・国土交通省)勤務を経て、社会派ジャーナリストとして独立。松本清張、森村誠一など有名作家との共同作業に参画、取材・調査に活躍。
1981年より「水」問題に取り組み、元日本陸軍の保有していた防疫給水技術調査のためアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど各国を取材。各地の水資源問題に精通。
著書に『日本から水がなくなる日』(2009年)、『学校では教えない商売・お金・運開き』(2009年)、『水道管の叫び』(共著、2010年、以上中経出版刊)ほか多数。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
250位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。